ファミコンのダックハント

ダックハント

ダックハントとは、ネーミングからして鳥をハントするという意味なわけですが、そのとおりでありこれは、光線銃シリーズ第2弾ともなるソフトで、鳥を撃ち殺すゲーム。

鳥というのは、ダックつまり、カモのことであり、それを撃って進めていきますが、一度につき持ち弾は3発しかなくて、3発のうちにカモを仕留めなければならない。

3発を使い切るか一定時間が経過するとカモは飛び去ってしまうので、如何に早く正確に当てるかが問題になってきます。

当時このガンシューティングゲームのようなソフトは、なかったので相当夢中になった方も多いはずです。

まだ、このころファミコンすら知らなかったもので、このゲーム自体は知りませんでしたが、今思うとなかなか面白いゲームですね!

 

Posted in ファミコン and tagged , .

One Response to ファミコンのダックハント

  1. Pingback: かんじん堂 - 利恩の日々思うこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です