スカイデストロイヤー

スカイデストロイヤー

スカイデストロイヤーは、ファミコンで初登場の3Dシューティングゲームです。

元はといえば、アーケードから発売となってそれが、移植されたソフトとなっています。

この頃のファミコンソフトとしては、臨場感が満喫の迫力ある映像でもあります。

アフターバーナーに似ていて、発売元が違うが仕様も割と同じかもしれない。

夜明け後に現れる要塞を倒せばクリアとなっています。

 

尚、このゲームには、朝・昼・晩というのが存在して、シーンにあわせて変化します。

3Dの関係上操作が少し難しいイメージもあるが、慣れればそんなでもないと思います。

ファミコンにしては、かなり凝っている作品でもあるから、今でも十分楽しめますね!

 

Posted in ファミコン and tagged , .

One Response to スカイデストロイヤー

  1. Pingback: 96条改正議連の前に・・・憲法は誰のもの? | mokaのきままな話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です