ポートピア連続殺人事件

ポートピア連続殺人事件

このゲームは、あのエニックスから登場した探偵アドベンチャーゲームで、結構有名なソフトです。

この頃は、まだスクエアとエニックスは、別の会社で、エニックスが2作目のファミコンで誕生したゲームにあたります。

それで当時、まだ発売していないドラクエの生みの親である、堀井雄二がデザインをし、全て一人でこのソフトを制作されたそうです!

プログラムやシナリオなど全て個人で制作することが当時としては、そんなことがあたり前のことだった。

 

今のゲーム開発に関しては、それぞれの作業は分担し、共同制作が基本となっています。

だから、当時としては、ゲームの容量が少なかったにも関わらず1人でこなしていたことになるわけで、大変な作業をしていたわけです。

今のゲームレベルだと1人だけで、そんな作業をしていたら一体何10年掛かることやら・・・

ということで、このゲームも堀井雄二自ら、1人で制作したソフトです。

 

このゲームは、パソコンで最初に作成されて、それからファミコンへと移植されたゲームで、ファミコンでは、コマンド式になっています。

パソコン版では、キーボード入力方式となっていたから、いくらか自由に探索できたことだと思います。

ファミコンでは選択肢によって、ゲームの流れが変わってくることになり、事件を解決することになります。

有名なソフトだったから当時やった方も多く、近所の人も大半は持っていた記憶があります。

 

Posted in ファミコン and tagged , .

2 Responses to ポートピア連続殺人事件

  1. Pingback: 携帯チャットレディとして働く目的 | 携帯チャットレディ情報局

  2. Pingback: ダンベルダイエット | 最新美容事情

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です