ルナーボール

ルナーボール

ルナーボールは、ファミコンのポニーキャニオンが販売したビリヤードゲームです。

開発元は、コンパイルであり、他の機種にも同様に移植されたソフトでもあります。

基本としては、ビリアードのルールといっしょで、穴に落とすのが目的となっていて、全てのボールを落とせばゲームクリアとなっています。

手玉(黒)を穴に入れると失格となり、ボールを一つ失うことになる。

3回やって、一度もボールを穴に落とすことができなければ、ボールを一つ失います。

 

ボールをすべて失うとそこでゲームオーバーとなり、最初からやり直しとなります。

だけど、ステージをクリアするごとに手持ちボールが一つ増えるので、比較的ゲームオーバーにはなりにくい!

ビリアードのルールが知らなくても、勝手にゲームが進むので、やっているうちにわかってくると思います。

ボードゲームが好きならばそこそこ楽しめるゲームでもあるから暇凌ぎとしてもいいゲームですね!

 

Posted in ファミコン and tagged , .

One Response to ルナーボール

  1. Pingback: 「ヒドイ疲れ」を解消する簡単セルフケア | mokaの気になる話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です