ファミコンで最初に発売されたソフト

ファミコンの歴史って長いです。かなり昔で懐かしいソフトもたくさんあって、またやってみたいタイトルって探せばありますね。
それで、ファミコンが出た当初に発売されたソフトって、知っていますか?以外にも知っている人は少ないかと思います。

かれこれ30年くらい前の話になるから遊んでた人は、30代以上ですから、今の学生さんや若い子はわからないでしょう!
それでファミコンが登場した初期に発売されたソフトは、「ポパイ」と「ドンキーコング」と「ドンキコングJr」です。
いずれ3本ともファミコンの本体が発売した当日に発売しています。

◆ポパイ

ポパイ

ポパイというのは、ハートを集めてクリアしていく単純なゲームで、一つでもハートを取り逃したらゲームオーバーになります。
敵を避けながら、ハートを集めるだけで簡単ですが面をクリアしていくと難易度が上がり敵も増えてきます!

 

◆ドンキーコング
ドンキーコング
マリオを操作して、上で待っているピーチ姫のところまで無事にたどり着いて助け出すゲームになっています。
敵は、ドンキーコングであり、物を投げたり、障害物があったりしてそれを避けながら進んでいきます。

 

◆ドンキーコングJr

ドンキーコングJr

ドンキーコングの息子であるドンキーコングJrを操作して、親であるドンキーコングを助け出すゲーム。
こっちのバージョンでは、敵がマリオになっており同じように障害物を避けながら進んでいくものです。

 

 

ドンキーコングは、ゲームウォッチでもあったのがファミコンに移植されたものでもあるらしい。
実は、ポパイはあまり知らないので、どういうゲームかということだけはわかりますが実際プレイしたことありません!

 

Posted in ファミコン and tagged , , , .

2 Responses to ファミコンで最初に発売されたソフト

  1. Pingback: 炭酸入浴をすることで筋肉疲労の緩和する効果が確認 | mokaの気になる話

  2. Pingback: ガキの使いやあらへんで - 利恩の日々思うこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です