頭脳戦艦ガル

頭脳戦艦ガル

このゲームは、ファミコンで登場したシューティングゲームとなっていますが、実際にジャンル的には、縦型スクロールロールプレイングゲームとなっているようです。

最初は、一見どこから見てもシューティングにしか見えないし、どこがRPGっていう感じでもあります。

このゲームでは、敵を倒した機数によって、パワーアップするシステムになっているので、レベルみたいなのが存在することで、RPGというジャンルらしい!

パワーアップの段階は、全部で5段階になっていて、自機の姿が変わったり、自動連射なども可能になったりします。

外見自体は、3段階になっており、Type1・Type2・type3となっていて、最終段階は、type3です。

 

スターソルジャーやゼビウスにも似た雰囲気のシューティングで、宇宙空間にあるステージをワープしたりして、100個のパーツを集めて、宇宙空間制御装置である「ドラッグ」を破壊するのが目的になっています。

パワーアップするシステムによって、敵からの攻撃が当たっても直接爆発しなくパワーダウンするだけですみますが、最初のType1まで戻ってから、それ以上当たると死亡します。

再開は途中からとなりますが、レベルが高い敵がたくさんいることから自機の玉では倒すことが困難になって、進むことも大変になってくる、そこでハマってしまってGAMEOVERということもあります。

コンティニューは、このゲームでは、できなくて、最初からやり直しになってしまうから、できるだけパワーのバージョンが落ちないように進みたいものですね!
 

Posted in ファミコン and tagged , .

One Response to 頭脳戦艦ガル

  1. Pingback: 老化を加速!バストの形がみるみる崩れちゃうNG習慣 | mokaの気になる話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です