ファミコンの歴史について語る

ファミコンは、1983年に家庭用ゲームマシンとして任天堂から発売された歴史がもっとも長いゲーム機です。
日本で、一番最初にゲームブームが巻き起こしたきっかけとなったのもこのファミコンでもある。
ファミリーコピューター

 

本格的に普及したのもこのファミコンが初であり、それまでいろんなゲーム機が発売されたがそれほどまでのブームまで至らなかった。
それまでは、アーケードゲームとして、名作だった作品をファミコンで移植されたものもあり、家でゲームができる環境を作り出したのがこのファミコンです。

 

ファミコンの本当の名前は「ファミリーコンピューター」であって、省略されて、ファミコンと言われるようになった。
任天堂から発売されたゲームでは、過去に携帯ゲーム機のゲームウォッチもあって、それも一般家庭に普及し成功したようである。
そのおかげでこのファミコンを開発し、やがて家庭用ゲーム機として発売され大ヒットした。

 

その後、ファミコンのソフトが多くのメーカーが参入されることにより数多くのソフトが発売された。
ファミコンのソフトを作れば売れるということで、たくさんの会社がファミコンでソフト制作に励んだとされています。
それによって、今までファミコンで発売されたソフトの数が1000本以上にもなったのです。

 

Posted in ファミコン and tagged , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です