スクーン

スクーン

スクーンとは、横型スクロールシューティングゲームとなっていて、1986年にアイレムから登場したファミコンソフト!

自機である潜水艦のスクーンを操り、オトト星人によって沈んだ都市を救うために、海底に閉じ込められた人を救助することが目的のゲーム。

世界中は、たくさんのプラントによって海上が上昇してパニック状態になっているため、これを解決するために潜水艦であるスクーンが登場した!

尚、このスクーンという名前の由来が「救う」という言葉から来ていて、ゲームそのものの名前となっている。

全部で8ステージある横型強制スクロールシューティングゲームであるがクリアすると無限ループとなっているために1ステージから再びスタートします。

そのためにエンディングがないというのがいうまでもなく、1ステージからスタートとなり、2週目というのは、海の生物が若干変更点があるくらいです。

自機であるスクーンは最大9人まで救助することができて、人間たちを可動島へと引き渡す。これにより救助枠を確保できます。

スクーン自体に燃料があって、その燃料が尽きたり、海底に沈んでしまいます。燃料の補充は可動島にあるアイテムによってその燃料を補充することができるが引き渡した条件によりそのアイテムが変わってきます。

通常の攻撃であるミサイルは、2段階パワーアップすることができ、Pアイテムを取得することで、タイプが変わったミサイルへと変化する。初期の状態は連射が可能な3連発することができ、2段階目では、連射が不能な3方向タイプとなる。

ミサイルのパワーアップの有効は自機がミスすると一段階パワーダウンし、救助していた人間までもいなくなってしまうので注意!

またゲーム中には、サメが登場するが、それは人間を救助するための妨害だけであるためにそれに潜水艦があたったりしてもミスになることはない。

このスクーンというシューティングは、通常のシューティングならば空であるが、それが海底に設定されただけのシューティングという感覚に陥るゲームですから、海底で戦っているというより動きそのものが普通の横型シューティングをやっているのと変わりません。

潜水艦がありえないくらい機敏に動くことができるから無理やり空を海底にしているような感じです。

Posted in ファミコン and tagged , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です