バベルの塔

バベルの塔

バベルの塔は、アクションパズルゲームとなっていて、1986年7月にナムコからファミコンで登場したゲームです。

このアクションパズルとなっているのがL字型の椅子みたいなブロックをゴールにたどり着くように動かすためになっているからであり、全部で64ステージになっており、全てクリアするとバベルの塔から脱出することができるようになっている。

左上にPOWERというものが表示されていて、これはブロックを持ち上げるたびに一つ減ります。主人公のインディーは、ブロックを動かせる上限が各ステージによって異なっていて0になるとパワーがなくなりブロックを動かせることができなくなりますからPOWERの残りの数には注意したい!(POWERが0の場合点滅します。)

基本的に出口を見つけて入ればクリアとなるがステージによっては、水晶玉が置かれていてその水晶玉を全て集めなければクリアできないようになっています。出口が封鎖されていて、水晶玉を取ることによって出口の封鎖が解除されます。

また自然と現れるアイテムの壺が用意されていて、それを取得することでPOWERの残りの数が復活します。それ以外にたくさんのアイテムが存在し、例えば王冠を取ることでインディーのスピードが上がることができます。

また攻略法というものがこのゲームには存在しなくてプレイヤーの勘や運任せで進まなければならない!

Posted in ファミコン and tagged , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です